MENU
開催概要
展示構成
図録・グッズ
音声ガイド
関連番組・イベント
スペシャル
EN
死のディスク赤の女王鷲の戦士

特別展古代メキシコ マヤ、アステカ、テオティワカン

6月16日(金)〜9月3日(日)6月16日(金)〜9月3日(日)東京国立博物館
Ancient Mexico
祈り、畏れ、捧げた。
メキシコロゴ
トップ画像 [左から]
トップ画像 [上から]
死のディスク石彫 テオティワカン文明、300~550年 テオティワカン、太陽のピラミッド、太陽の広場出土 メキシコ国立人類学博物館蔵 ©Secretaría de Cultura-INAH-MEX. Archivo Digital de las Colecciones del Museo Nacional de Antropología. INAH-CANON
赤の女王のマスク・冠・首飾り マヤ文明、7世紀後半 パレンケ、13号神殿出土 アルベルト・ルス・ルイリエ パレンケ遺跡博物館蔵 ©Secretaría de Cultura-INAH-MEX. Foto: Michel Zabé
鷲の戦士像 アステカ文明、1469~86年 テンプロ・マヨール、鷲の家出土 テンプロ・マヨール博物館蔵 ©Secretaría de Cultura-INAH-MEX. Museo del Templo Mayor

開催趣旨

メキシコには35もの世界遺産があり、なかでも高い人気を誇るのが、古代都市の遺跡群です。前15世紀から後16世紀のスペイン侵攻までの3千年以上にわたり、多様な環境に適応しながら、独自の文明が花開きました。本展では、そのうち「マヤ」「アステカ」「テオティワカン」という代表的な3つの文明に焦点をあてます。

前1200年頃から広範な地域に栄え、暦や文字など高度な知識を有する王や貴族が中心となって、交易と戦争を繰り広げたマヤ文明。1325年に首都テノチティトラン(現メキシコシティ)を築き、軍事力と貢納制度を背景に繁栄を謳歌したアステカ文明。前1世紀から後6世紀までメキシコ中央高原に栄え、「太陽のピラミッド」「月のピラミッド」「羽毛の蛇ピラミッド」を擁する巨大な計画都市を築いたテオティワカン文明。

火山の噴火や地震、干ばつなど厳しい自然環境のなか、人々は神を信仰し時に畏怖しながら、王と王妃の墓、大神殿、三大ピラミッドなど各文明を代表する壮大なモニュメントを築きました。本展では、普遍的な神と自然への祈り、そして多様な環境から生み出された独自の世界観と造形美を通して、古代メキシコ文明の奥深さと魅力に迫ります。

みどころ

1.
マヤの「赤の女王レイナ・ロハ」、奇跡の初来日

マヤの代表的な都市国家パレンケの黄金時代を築いたパカル王のきさきとされるのが、赤い辰砂しんしゃに覆われて見つかった通称「赤の女王」(スペイン語で「レイナ・ロハ」)です。その墓の出土品を、メキシコ国内とアメリカ以外で初めて公開します。パカル王の息子と孫、ひ孫に関連する遺物もあわせ、200年にわたる王朝一族の物語を浮き彫りにします。

2.
古代メキシコの至宝約140件が一挙に集結

考古と民族資料の宝庫であるメキシコ国立人類学博物館をはじめ、アルベルト・ルス・ルイリエ パレンケ遺跡博物館、テンプロ・マヨール博物館、テオティワカン考古学ゾーンなど、メキシコ国内の主要博物館から厳選した約140件を、近年の発掘調査の成果を交えてご紹介します。

3.
世界遺産の魅力を体感できる展示空間

パレンケのパカル王と王妃(赤の女王)の墓、アステカの大神殿(テンプロ・マヨール)、テオティワカンの三大ピラミッドなど、メキシコが世界に誇る古代都市遺跡の魅力を、映像や臨場感あふれる再現展示で存分にお伝えします。

開催概要

展覧会名
特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」
会期
2023年6月16日(金)~9月3日(日)
会場
東京国立博物館 平成館
開館時間
午前9時30分~午後5時 ※入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日、7月18日(火) ※ただし、7月17日(月・祝)、8月14日(月)は開館
主催
東京国立博物館、
NHK、
NHKプロモーション、
朝日新聞社
協賛
NISSHA
後援
メキシコ大使館
企画協力
メキシコ文化省、
メキシコ国立人類学歴史研究所
お問合せ
050-5541-8600(ハローダイヤル)
  • ※作品はすべて通期での展示を予定しています。
  • ※展示作品、会期、開館時間、休館日、観覧料、入館方法、展示期間等については、今後の諸事情により変更する場合があります。最新情報はこちらの展覧会公式サイト等でご確認ください。

巡回情報

  • 福岡会場:
    2023年10月3日(火)~12月10日(日) 
    九州国立博物館
  • 大阪会場:
    2024年2月6日(火)~5月6日(月・休) 
    国立国際美術館

報道関係お問合せ
[東京会場]

  • 特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」広報事務局(共同PR内)
  • 担当:三井、瀬島
  • 〒104-0045 東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア10階
  • TEL : 03-6264-2382 E-mail : mexico2023-pr@kyodo-pr.co.jp